グリーンカードSHOP

チームグッズを無料で作って、売って、買える

利用規約

第1条(総則)

本規約は、株式会社グリーンカードは(以下「甲」という)と、甲が運営するECサイト【グリーンカードSHOP】において商品を販売するための申請を行った方(以下「乙」という)との契約関係(以下「本契約」という)を定めるものである。

第2条(申込)

乙は甲の運営するECサイトにて乙のデザインした商品(以下「本件商品」)の販売を希望する場合、甲所定の方法により申し込み行わなければならない。

乙は前項の申込によって、甲が乙のデザインした商品を販売することを許諾したものとする。

甲は、前項の枠組みカラー、デザインについて、商品製作上やむを得ない場合、甲の判断により自由にその仕様を変更することができる。

甲は、必要に応じて乙にメール等にて連絡することができるものとする。

第3条(権利の譲渡等)

乙は本規約に基づく一切の権利を譲渡、転貸、担保差入その他形態を問わず処分することはできない。

第4条(販売と支払い)

甲は、販売を行うにあたり、割賦販売法、不当景品および不当表示防止法、特定商取引に関する法律、その他関係法令を遵守する。

乙は甲に対し、本件商品に乙が使用したデザインに関し第三者との間で著作権、商標権等の知的財産権もしくは人格権等に関する紛争が生じた場合には、全て乙の責任と負担において解決するものとする。また甲が顧客その他第三者に損害賠償等の支払いを余儀なくされた場合には、乙はその全額を甲に支払うとともに、その解決のために要した弁護士費用その他一切の諸経費を甲に支払う。

甲は乙に販売売上として所定の販売金額を月末締め翌月末払いで支払う。また支払い時に3000円に満たない場合は、翌月に繰り越される。

第5条(著作権等)

乙のデザインについては乙が著作権を有することを保障する。

乙は、乙以外の第三者が著作権を有するデザインを利用する場合、事前に当該第三者から当該著作物を甲および乙が使用することについて承諾を受けなければならない。

乙は、甲に対し、自らの著作物について、甲が運営するWEBサービスにおいて、WEBサービスの広告、宣伝、利用促進の目的の範囲内で、新聞、雑誌、webサイト、テレビ番組、パッケージメディア、SNSその他の媒体へ無償で掲載すること、または甲がWEBサービスのために有益と判断したものについて無償で利用すること(複製、引用、配信、展示、頒布、翻訳(翻案)、改変、発表等する権利をすべて含みます。)を許諾するものとします。

乙が二次販売者(二次創作者)の場合は、その著作権は一次販売者に属する。しかしながら、一次販売者は、二次販売者のデザインを独自で使用・流用・販売はできない。

乙がマーケットで販売許可をしたものに関しては、甲が代理で楽天などのモールに販売することができる。

第6条(業務委託)

甲は自らの責任において業務の全部または、一部を第三者に委託することができる。

前項の場合、甲は当該第三者に対し、顧客情報の管理を徹底するとともに本規約等を遵守させるものとし当該第三者によるいかなる行為に対しても責任を負うものとする。

第7条(契約期間)

本契約の有効期間は契約日から12ヶ月とする。ただし、期間満了の1ヵ月前までに甲または乙の一方から書面よる解約の意思が無い限り、12ヶ月延長されるものとし、以後も同様とする。

第8条(顧客情報)

甲は、顧客情報を厳重に管理し、当該顧客の同意が無い限り、(第6条の1の第三者を除く)第三者に顧客情報を有償、無償をとわず、漏洩、開示、提供してはならない。また顧客情報を利用するにあたっては、顧客のプライバシーに配慮しなければならない。

乙は本契約中及び終了後、甲の管理下にある顧客情報を利用することはできない。

第9条(守秘義務)

甲および乙は本契約期間中または、契約終了後にかかわらず、本規約および本契約に関して知り得た情報、その他相手方の秘密に属すべき一切の事項を第三者に漏洩、開示、提供してはならない。ただし、あらかじめ相手方の書面による承諾を得た場合には、この限りではない。

第10条(甲による解除、解約)

甲は乙が以下のいずれかの事由に該当した場合には、催告、そのほかの手続きをようせず本契約を解除するとともに、直ちに乙との全ての契約を解除することができるものとする

本規約に違反したとき

債務の支払いを遅延したとき

差押さえ、仮差押さえ、仮処分その他強制執行または滞納処分の申し立てを受けたとき

破産、民事再生、会社更生、会社整理または特別清算の申し立てがされたとき

前3号の他、乙の信用状態に重大な変化が生じたとき

甲による連絡が取れなくなったとき

解散または営業停止状態となったとき

販売方法、取扱商品、その他業務運営について行政当局による注意または勧告を受けたとき

販売方法、取扱商品、その他業務運営が公序風俗に反しまたは甲がふさわしくないと判 断したとき

本項各号のいずれかに準ずる事由があると甲が判断した場合

その他甲が乙とのシステム契約の継続が困難であると判断した場合

甲および乙は、事由のいかんを問わず、1ヶ月前までに書面で相手方に通知することにより本契約を解除することができる。

第1項、第2項により本契約が終了した場合でも、甲は乙に対し、費用負担、逸失利益その他乙に生じた損害につき一切責任を負わない。

第11条 販売時の禁止事項

当サイトの利用に際して、販売者はは以下の行為を行わないことに同意します

違法的、有害的、脅迫的、罵倒的、低俗的、虐待的、中傷的、わいせつ的、ポルノ的、野卑的、俗悪的、挑発的、誹毀的、違法的、憎悪的なほか、人種的、民族的、社会的、政治的、法的、倫理的、宗教的に好ましくないか、その他の観点から好ましくないコンテンツ、あるいは、肖像権、プライバシーおよび知的財産権を含み、必ずしもそれらに限らない他人の権利を侵害するようなコンテンツをアップロード、ダウンロード、投稿、またはメール送信を行うこと。

他の個人や法人に成りすましたり、個人または法人との提携を偽ったり、事実を曲げて伝えたりすること。

他の当事者の特許、商標、企業秘密、著作権その他の知的財産権または所有権を侵害する可能性のあるコンテンツをアップロード、ダウンロード、投稿、メール送信、その他の方法で送信すること。基本的には、皆さまが原作として自分自身で創作されたオリジナル作品しか出品できません。つまり、有名人の画像や企業の作品のほか、所有者から2次創作等による許可を得ずにウェブサイトからコピーした画像、テキストまたはデザインは使用できません。

刑事犯罪または違法行為を成すかまたはそのような行為を助長したり、他の当事者の権利を侵害するほか、法的責任を生じたり、日本の法律、地方自治体の条例や国際法に違反するコンテンツをアップロード、ダウンロード、投稿、メール送信、その他の方法で送信すること。

児童ポルノ禁止法、児童性的虐待防止法および未成年の性行為描写を禁止する法律に違反するコンテンツのアップロードを含み、必ずしもそれに限定されない方法で、当社のサービスを利用して未成年に危害を加えること。

児童に肉体的、精神的、倫理的な危害を加える結果をもたらすような危険な行為を容認または助長すると見なされるコンテンツをアップロードすること。未承諾または無許可の広告、販売促進資料、迷惑メール、スパム、チェーンメールまたはその他の形式の勧誘をアップロード、ダウンロード、投稿、電子メールその他の方法で送信すること。

コンピューターのソフトウェアやハードウェアあるいは通信機器の機能を妨害、破壊または制限する目的で作られたソフトウェアのウイルスや他のあらゆるコンピューターコード、ファイルまたはプログラムをアップロード、ダウンロード、投稿、メール送信、その他の方法で送信すること。

虚偽情報または誤解を招きやすい情報をアップロード、ダウンロード、投稿、メール送信、その他の方法で送信すること。

個人のプライバシー権または肖像権を侵害するような画像や名称を取り入れること。

当サイト、サービス、ツール、またはUp-Tの著作権および商標から諸権利またはコンテンツをコピーし、あるいはそれを改ざんし、配布すること。ユーザーの同意を得ずにそのメールアドレスなどを含む情報を入手または収集すること。

第12条(準拠法、合意管轄裁判所)

本契約は日本法に基づき解釈されるものとし、甲と乙との間で訴訟の必要を生じた場合は、金沢地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

X